市販薬で水虫って治るのでしょうね? 市販薬(処方される薬に比べると弱い成分だったり、配合量が少なかったりすることが多いです)でも水虫を治すことができます。 しかし、それが本当に水虫であった場合に限ります。 足の裏がかゆい、皮がめくれる、ブツブツができている、ひび割れしている等という症状が水虫(ダマリンやブテナロック、ラミシールなどが市販の治療薬としては有名ですね)では現れるでしょう。 でも、水虫ではない場合でも、このような症状が出ることがあります。 足がかゆくなったり、ブツブツができると、すぐに水虫だと勝手に自己判断される方がいます。 これはあまりいい事ではないのです。 本当は水虫ではないのに、勝手に水虫だと思い込んで、市販薬を使ったとします。 そうすると、症状が改善するどころか、ますます悪化することもあります。 水虫みたいな症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出たら、市販薬(配合成分をしっかりとチェックしたいですね)を使用する前に一度皮膚科で診てもらってください。 本当に水虫であったときには市販薬でも問題ないのですが、できれば病院で処方された薬を使用した方がいいでしょう。 それに、薬を使って症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が出なくなったからといって、薬の使用を止めないでください。 水虫(木酢液での治療が民間療法の中でも特に有名でしょう)は症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出なくなっても、まだ治っていないことがほとんどです。 症状が出なくなってから、1〜2ヶ月くらいは薬を使い続けた方がいいでしょうー